6Uフレームで入出力を自由に構成可能なオーディオルーター

DXP-256

【オーディオルーター】

N-1 MTX、OUTPUT MTX、INPUT MTX、OTC等、様々なマトリックス制御に対応できる音声ルーターです。

概要・仕様

【型番】DXP-256 詳細はお問い合わせください

【寸法】(W)482mm ×(H)266mm × (D)450mm(突起部を含まず)

機能・特徴

■ 特色

● 最大入出力256系統。ミックス及びフェーダーの機能を用いてOTC制御等の複雑な制御を可能にします。
DownMix : 事前に設定した係数で、5.1素材をステレオ素材に変換します。
VU : GUI等表示器に入力及び出力のレベルメーターを表示できます。
AESエラーチェック : AES信号が入力されているかチェックできます。
※別途、電源パネル及びシステムに合わせた制御インターフェース等が必要になります。
 なお、専用GUIの作成、専用パネルの製作が可能です。


■ 音声処理部

● 6Uのフレームにフル実装で16枚のボードを実装
【 DO-01 】デジタルOUTボード AES16OUT (モノ換算32ch)
【DRX-01】デジタルINボード AES16IN (モノ換算32ch) ※SRC機能無
【DRX-02】デジタルINボード AES16IN (モノ換算32ch) ※SRC機能有
【AOUT-01】 アナログOUTボード モノ32OUT
【AIN-01】 アナログINボード モノ32IN
※アナログボード:調整ボリウム、ディレイ搭載
 デジタルボード:ディレイ搭載

● 構成例1. 【 AES 128 IN x 128 OUT 】
・ INボード 8枚 ・ OUTボード 8枚
128 x 128 (モノ換算256 x 256)が構成できます。
※音声処理部のカスケード接続は出来ません。

● 構成例2. 【 AES 240 IN x 16 OUT 】
・ INボード 15枚 ・ OUTボード 1枚
240 x 16 (モノ換算480 x 32)が構成できます。
※音声処理部のカスケード接続は出来ません。


■ ソフトウェア

● ルーター制御
ソフトウェア内にて最大512 x 64のMIXマトリックスを組む事ができます。
全てのMIXポイントにボリウムが搭載され、レベル可変が可能です。

● 多彩な音声切替モードを搭載
音声切替の際、用途に合わせた音声切替モードを自由な組み合わせで選択する事が出来ます。
FF(フェードイン/フェードアウト)
CF(カットイン/フェードアウト)
FC(フェードイン/カットアウト)
CC(カットイン/カットアウト)
※フェードイン・フェードアウトは時間が調整可能です。

● OTCシステムなど上位システムからの制御
上位OTCシステムなどからも制御が可能です。