デジタルミキシンングコンソール

09D System

【Full Digital Mixing Console】

08S SystemEvoのプロセッサーをさらに強化。よりリッチな操作環境を与えた新しいシステム!

08S Systemに使用しているプロセッサーの上位バージョンを開発。それによりDSPのファンクションの強化やDSPユニットの二重化の対応、モニター部の拡充、フェーダーグループの搭載を実現させた。さらに進化したGUIとCenterパネルでの集中操作を可能とし、リッチな操作環境を再現。また、フェーダー数のラインナップも12FDから18FD、24FD、30FDと各種スタジオ対応可能!

概要・仕様

【型番】09D System 価格はお問い合わせください

機能・特徴

09D Systemは、ハードからソフトまで100%自社製作しております。
■ 5.1サラウンド対応
 5.1サラウンド信号の入力と出力をサポート。
 サラウンド信号は1本のフェーダーで制御可能。

■ 省スペース
 操作部以外に必要な装置は制御部棚板と音声処理部棚板の2棚で、EIA 5Uの実装スペースで賄うことが出来ます。
 接続ケーブルも付属。

GUI表示部と最大30フェーダーの操作部・制御部・音声処理部で構成されます。



【GUI表示部】
■ タッチパネルGUIオペレーティング
 タッチパネル付きSVGA(800x600)の液晶パネルを使用します。
 LCDモジュールを使用したカスタム品も対応可能。


■ スピンドルレス
 GUIに使用しているPCボードには、スピンドルレス・FANレスな信頼性の高い国産ボードを使用しています。


【制御部・音声処理部】
■ 二重化DSP
 DSPユニットを2枚実装する事で、障害時などに予備側のユニットへ切り替える事が出来ます。
 お互いのDSPユニットは常時同期している為、切り替え後も設定パラメータは維持されます。


■ 二重化電源
 電源部を二重化し、信頼性を向上しました。

■ 長寿命ユニット
 オーディオ信号の入出力を行うADユニット、DAユニットには長寿命タイプのコンデンサを使用し、
 メンテナンスコストを軽減しました。

■ GPIO標準装備
 外部機器の制御信号の接続や、システム制御用の入力とタリー出力に使用する汎用 I/Oを各80〜200ポートまで対応可能です。


【操作部】
■ チャンネルフェーダーは最大30フェーダーまで構成可能
 フェーダー数は6chを1ブロックとした、
 12フェーダー・18フェーダー・24フェーダー・30フェーダーの5種類を用意しました。

■ モーターフェーダーを標準装備
 タッチセンサー付きモーターフェーダーを標準装備しました。

■ モジュール方式を採用
 ホットスワップに対応したモジュール方式を採用。
 フェーダー交換を容易にしメンテナンス性を重視。

■ エンコーダーを必要に応じて追加可能
 操作性を重視される方には、RE blockでエンコーダーを必要に応じて追加することができます。
 RE blockはINPUT GUIとセットで使用すると、FD blockのみで使用するよりも多くの情報を得ることができます。
 このセットは机面への埋め込みでご使用いただけます。
 ※RE blockとINPUT GUIはオプションとなります。



【機能】
■ INPUTファンクション
【TRIM】±20dB
【MODE(ステレオのみ)】L分岐・R分岐・L+R
【位相(モノラル)】反転
【位相(ステレオ)】L反転・R反転・LR反転
【H P F】-12dB/oct 24.6Hz~394Hz 1/20oct step
【L P F】-12dB/oct 1.11kHz~17.8kHz 1/20oct step
【EQ 低 域】±18dB 24.6Hz~394Hz Q=0.5~5 Peak / shelv
【EQ 中低域】±18dB 80Hz~1.28kHz Q=0.5~5
【EQ 中高域】±18dB 299Hz~4.78kHZ Q=0.5~5
【EQ 高 域】±18dB 1.11Hz~17.8kHz Q=0.5~5 Peak/shelv
【コンプレッサ】スレッショルド 0~-40dB レシオ 1:1~1:50
        アタック 0.1ms~100ms リリース 0.1s~40s
【エキ スパンダ】スレッショルド -40~-100dB ディプス 0~-30dB
         レシオ 1:1~1:50 アタック 0.1ms~100ms リリース 0.1s~40s
【フェーダ】100mmストロークムービング タッチセンサ +10dB ~ -100dB・-∞
【O S C】基準レベル(pink noise・400・1k・10kHz・Auto)


■ バス
【P G M】最大8系統(モノラル、ステレオ、5.1SUR)
【グループ】最大8系統(モノラル、ステレオ)
【N - 1】最大8系統(モノラル、ステレオ)
【A U X】最大12系統(モノラル、ステレオ)
【AUD(PFL)】1系統(モノラル、ステレオ)
※総リソース数は32データ


■ モニター
【MONI 1】HP付き(5.1SUR対応)
【MONI 2】HP付き(ステレオ)
【MONI 3】ステレオ
【MONI 4-6】ステレオ


■ 割込み
【切替、MIX、DIM+MIX】バス出力、スピーカー出力、HP出力に対して設定可能

■ 外部機器制御
【ミュートグループ】4系統
【フェーダースイッチ出力】各入力素材に対して設定可能
【スタジオ機器制御】16系統(スタート・ストップ・タリー受け×2)
【モニター制御】(素材選択・DIM・CUT)
【その他の制御】シーン選択 フェーダーコントロール



【仕様】
■ 一般仕様
【サンプルレート】48kHz
【アナログ定格レベル】+4dBm/0dBm
【デジタル定格レベル】-20dBFS SRC:32kHz〜96kHz(AES入力)
【出力レベル】+24dBm@0dBFS
【同 期 入 力】WCK 48kHz±0.01% Duty50% 1.0Vpeak
【推奨動作温度】室温(20度~35度)


■ 音声処理部(最大数)
【最大入力信号数】128ch(モノラル換算)
【最大出力信号数】128ch(モノラル換算)
【処理チャンネル数】64ch(モノラル換算)
【ユニット実装スペース】13slot
【供 給 電 力】150W


■ ユニット
【ユニット実装スペース】13slot
【共 給 電 力】125W

実装可能なユニット
【08AP-HAAD】1slot / 10W
【08AP-DA】1slot / 15W
【08AP-AD】1slot / 10W
【08AP-DIDO】2slot / 5W


■ GPIO
【入 力】+5V TTL 4.7kΩプルアップ抵抗付き
【出 力】オープンコレクタ最大+24V / 50mA


■ 電源
【入 力 電 圧】AC100V 50 / 60Hz
【最大消費電力】音声処理部 200W以下 増設部 200W以下
        制御部 75W以下 操作部電源 構成による


■ 運用に合わせて様々な実装が可能です。
 ●コンソールタイプ ●テーブル埋め込みタイプ ●可動タイプ ●可般タイプ